【日韓結婚】社会統合プログラム|永住権取得を考えている方はチェック!

社会統合プログラム 生活
Koreai
こりあい

こんにちは!こりあいです。
「社会統合プログラム」をご紹介します!

以前、「早期適応プログラム」という、
韓国生活での基本的な制度、社会適応に必要な情報などを提供し、履修証をビザ申請する際に提出すると、2年の結婚移民ビザを取得できるプログラムをご紹介しました。

今回ご紹介する「社会統合プログラム」
「早期適応プログラム」と同じく、
法務部の社会統合情報網Soci-Netが行っているプログラムです。

韓国の永住権取得を考えている方は、
このプログラムで行われる最終段階の
「総合評価」という試験を受けて、合格証発行することが前提となります。

結婚移民者(F6ビザ)以外のビザを
取得している方がプログラムを受けると、
ビザ申請する際に、加算点をもらえたり
韓国語能力試験の点数提出免除というメリットがあります!

2018年9月21日からの法律となりますが、今後変更になる場合もあります。(2019年6月11日現在)
スポンサーリンク

社会統合プログラムとは?

社会統合プログラム

まず、韓国で合法的にビザを持っている、
外国人登録者、居所申告者、帰化して3年以内の人が参加できます。

韓国生活に適応し、自立する上で欠かせない基本的な知識(韓国語・韓国社会への理解)を身に付けることが出来るよう支援するプログラムです!

どうすれば参加できる?

法務部の社会統合情報網Soci-Netに登録し、
「社会統合プログラム過程申請」からプログラムを申請。

まず、社会統合プログラムを受ける前に、
事前評価という韓国語のレベルテストを受けに行かなければいけません。

事前評価はプログラム申請と同時に申し込みます。(試験料30,000ウォン)

事前評価を受ける試験会場は事前評価申請時に確認でき、ご自身で試験会場を選びます。

どこで社会統合プログラムを受けるの?

法務部が指定した社会統合プログラム運営機関で受けることができます。

事前評価(レベルテスト)を受けて、
結果が出た後、社会統合情報網Soci-Netのマイページから受講場所を確認することができます。

場所によって、時間や曜日が違いますので、
ご自身の都合にあったクラスを選べます。

もし、合わないようなら新しい受講場所がまた出てくると思いますので(場所によりますが)、申請するのはしばらく待ってみるのもいいと思います。

Koreai
こりあい

ちなみに私は、平日3回、10時~14時で2カ月間の授業を受講中です。

 

・事前評価を受けてから、2年以内はプログラムの申請できます。
・オンラインでの授業もあるそうです。

プログラム内容は?

プログラムの内容は、韓国語授業と韓国社会理解過程です。

  • 韓国語:プログラムを受ける前に、韓国語能力の事前評価(レベルテスト)によって韓国語レベルや履修時間が決まります。
  • 韓国社会理解過程:50時間
    -韓国で生活する上で、知っておくべき基本制度、政治、経済、社会、文化、歴史、日常生活における総合的な内容。

社会統合プログラム

上記のように0〜4段階までは韓国語を無料で学びます。
でも、1段階終わるごとに試験をうけて
合格ライン(100点満点中60点)を超えないと次の段階へ進めません。。

5段階は写真にも書いてあるように、
韓国の社会を理解、歴史なども教わります。

Koreai
こりあい

出席率も評価されますよ!80%以上必要!

・結婚移民(F6ビザ)の方は事前評価(最初に受けるレベルテスト)を受けないで参加すると2段階からの授業を受けることになります。
・事前評価85点以上であれば、プログラムを受けずに永住権取得に必要な総合評価(プログラム最後に受ける試験)を2年以内に受けることも可能。
TOPIK所持者は、事前に必要書類を提出し手続きをすると事前評価(レベルテスト)を受けることなく、等級に応じた授業を受けることができます。(法務部の社会統合情報網Soci-Netの会員登録必要)
社会統合プログラム
TOPIK1級ー社会統合プログ段階2段階
TOPIK2級ー  〃      3段階
TOPIK3級ー  〃      4段階
TOPIK4〜6級  〃      5段階
Koreai
こりあい

TOPIKを持っている方で、事前評価の免除希望される方は、手続きに必要な書類などを事前に管轄の出入国管理事務所に尋ねてみてください!

まとめ

今回ご紹介した「社会統合プログラム」は永住権取得する際、総合評価合格が条件とされているそうですが、法律が改正されることがよくあるらしいので常に新しい情報をチェックすることをおススメします(*^^*)

 

ではまた!

 

タイトルとURLをコピーしました