【国際結婚】日韓夫婦が日本で婚姻届「手続きと必要書類」

婚姻届 生活
Koreai
こりあい

こんにちは!こりあいです。
日韓の婚姻手続きについてお話しします♪

婚姻手続きは
日本と韓国の両方で婚姻届を出さなければならないのですが、私たちは婚姻手続きをすべて日本で済ませました!

それぞれ日韓カップルの状況によって
手続きの順序や必要書類は違うと思いますが、
一つの例として見ていただければと思います(^^)

  1. 日本の役所に婚姻届を提出
  2. 駐大阪大韓民国総領事館にて報告手続き
  3. 完了

まず、地元である大阪の区役所に婚姻届を提出しました。

本籍がある区役所で手続きをしたので
私は特に用意する書類はなかったんですが、
もし本籍以外の役所で手続きをするなら戸籍謄本が必要になるかと思います。

旦那さんは事前に必要書類を韓国で取得し、
書類を日本語に翻訳したもの(旦那本人が翻訳)と一緒に用意して持って来ていました。

スポンサーリンク

婚姻届に必要な書類と提出

まず、それぞれの必要書類をまとめると…

私(日本人)が用意したもの

  • 婚姻届
(注)本籍地以外の役所で手続きする場合、戸籍謄本が必要

旦那(韓国人)が用意したもの

  • パスポート
  • 基本事項証明書(日本語訳必要、翻訳者の署名入り)
  • 家族関係証明書(日本語訳必要、翻訳者の署名入り)
  • 婚姻関係証明書(日本語訳必要、翻訳者の署名入り)

パスポート以外の3つの証明書は在日韓国大使館(領事館)でも取得できるそうです。
*手数料1通あたり110円

翻訳は専門家ではなくても、誰が翻訳しても構わないです。

手続きが完了したら、役所で「婚姻届受理証明書」を発行してもらいます。

在日韓国大使館(領事館)へ報告手続き

婚姻届を役所で済ませた後、
すぐに大阪の心斎橋にある「駐大阪大韓民国総領事館」へ行き、婚姻の報告手続きを行いました。

【必要な書類】

  • 婚姻申告書(大使館、領事館に置いてあります)*ホームページからダウンロードできます。
  • 婚姻届受理証明書(日本の役所が発行したもの)韓国語翻訳1部(翻訳者署名入り)
  • 韓国人の家族関係証明書、婚姻関係証明書各1部
  • 日本人のパスポート、韓国人の身分証(外国人登録証(在留カード)またはパスポート)
  • 双方の印鑑(なければ署名可能)

上記の書類を提出すれば完了です!

役所で婚姻届を出したら、早めに領事館で手続きする事をおすすめします!3ヵ月過ぎた場合、別途必要書類が増えるそうです(>_<)

まとめ

日本での日韓婚姻手続きについてまとめてみましたが、
韓国人の旦那さんの方が準備する書類が多かったです(^^;

私たちは役所と領事館どちらも2人で行って手続したんですが、
どうしても2人揃って行けないという方は、手続きする役所や大使館、領事館に直接問い合わせしてみてください(^^)

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました