【韓国語初心者】考え方次第ですごく簡単に話せる方法

韓国語学習
こりあい
こりあい

こんにちは!こりあいです。
”考え方次第で韓国がすごく簡単に話せる方法”を紹介します!

 

あなたはもしかして
こんな風に思っていませんか?

「韓国語頑張ってるのに、全然うまくならない」

「どうしたら早く話せるようになるのかな」

早く話せるようになりたいのに、
なかなか上達しなくて
もどかしい気持ちになったり、
落ち込んだりすることってありますよね?

 

今回はそんなふうに思っている方にとって
韓国語に対する考え方が180度変わるようなお話になると思います。

まず、なぜこの話をしようと思ったかと言うと、私も実際同じような悩みを抱えてきたからです。

長い間、韓国語を勉強してるのに
「話せない」とずっと思っていました。

そんな私の経験から「韓国語が話せないと思う理由」と、じぁ、
「どうしたら韓国語が簡単に話せるのか?」についても紹介したいと思います。

早く話せるようになりたいのに
「話せない」と思っている方はぜひ最後まで読み進めてみてくださいね!

スポンサーリンク

韓国語が話せないと思う理由

ではまず、
「韓国語が話せないと思う理由」結論から言うと、


話せるようになりたいはずなのに、
「”自分はまだまだだ”という思い込みがあるから」です。

そして、「知識習得に多くの時間を掛けるのに話す練習にはそれほどの時間を掛けていないから」です。

たくさん文法を勉強して単語を覚えないと「韓国語は話せない」と思い込んでいる人は多いと思います。

過去、私も無意識にそう思っていました。

だけど、ある経験をしたことで
韓国語が話せないのではなく、
話せないと思い込んでいる自分に気づいたんです。

ここではその経験を2つ紹介したいと思います。

話せないと思い込んでいる自分に気づいた経験

1つ目は釜山へ一人旅した時のことです。

旅行初日にショッピングモールのトイレに携帯を置いてきてしまったことがありました。

携帯がないことに気づいて、
すぐトイレに戻ったんですが、もうすでになかったんです。

そして、案内係の人に
携帯を失くしたことを、ものすごい必死に説明しました。

そしたら、その案内係の人が
「韓国語お上手ですね」って言ってくれたんです。

ただ、この時の私の語学力って初級レベルでカタコトでした。
限られた少ない韓国語の知識を絞り出して話しても、相手には伝えたいことが伝わって、しかも韓国語を褒めてもらったんです。

このように、とにかく相手に
”言いたいことを伝えなければ”と
追いつめられた状況を経験して、

「あ、韓国語話せたやん」って、はじめて思ったんです。

自分が言いたいことが言える
知識のインプットはすでにできていたということなんですよね!

ちなみに、携帯はその後無事に手元に戻ってきました!

そしてもうひとつ、
話せないと思い込んでいた自分に気づいた経験は、

お酒を飲んだ時です。

普段なら言葉に詰まってしまったり、
言いたい単語がパッと
出てこないことがあるんですが、

なぜかお酒を飲んだ時の方が
スラスラと韓国語が出てくることに気づいたんです。

実は、この「お酒を飲むと普段より流ちょうに外国語が話せるようになる」という現象は、第二言語習得に関する仮説のうちの一つと言われています。


お酒は「間違えるかもしれない」とか
「間違ったら恥ずかしい」という
不安や間違いを恐れるネガティブな感情を抑制するそうです。

緊張がほぐれて、不安も緩和され、
いつもより積極的に話せるようになるのです。

で何が言いたいのかというと、

「お酒の力を借りればいい!」ということではなくて、

スラスラと韓国語が出てくるというのは、
自分が言いたいことを伝える表現や単語はインプットできていたということです。

つまり、韓国語がうまく話せないのは「自分はまだ話せるレベルじゃない」と思い込んでいたり、「間違えたら恥ずかしい」と思って、話さないだけだったんです。

あなたもすでにインプットはできているはずですよ!?

どうしたら韓国語が簡単に話せるのか?

「すでにインプットはできている!と言われても…」

「私はまだ初級レベルで語彙力も無いから話せない…」と思う人もいるかもしれません。

確かにハングルを覚えたばかりの人や
これから基礎学習する人は話せないと思います。

でも、初級レベルであれば、
少しの文法や単語を知っているはずです。

例えばさっき、私がトイレで携帯を失くした話で
「トイレで携帯を失くしました」と言いたいのに、

「失くした」という単語が分らない場合、


「携帯が無いです(핸드폰 없어요)」
「携帯が無くなりました(핸드폰없어졌어요)」と言っても伝わりますよね?


単語が分らないからといって、
そこで話せないと諦めるのではなく、

今ある知識の中から
他の言い方を考えてみるということをぜひしてみてください!

どう言うのかわからない単語を無理に使う必要はありません。

言いたい単語が分らない場合は、
今あなたがすでに知っている
韓国語の単語や表現の中から
一番使えそうなものを選んで言いかえて話すこと。これが重要です!

インプットしている知識を
フル活用して繰り返し話していきましょう。

そうすれば「韓国語が話せた!」という感覚をすぐに得ることができるはずです。

「考え方次第ですごく簡単に話せる方法」まとめ

「自分の語学力はまだまだだから話せない」というのは思い込みにしか過ぎません。

もう一度言いますが、
インプットはすでにできています!

あなたがすでに今持っている知識を使って話すことで、韓国語の能力も磨かれていきます。

そして、「間違ったら恥ずかしい」「ちゃんと言わないと!」とか難しく考えすぎず、リラックスして相手に伝えようとする気持ちを優先してもらいたいです(*^^*)

 

 

◇私の無料メルマガでは韓国語勉強法に関する情報や、30代から韓国語学習を始めて万年初心者だった私がこれまでの学習方法を180度変えて習得した”最短で効率よく話せるようになるための方法”も無料で配信しています。 

「全然上達しない」

「単語や文法を覚えられない」

「効率のいい勉強法が知りたい」

などと思っている方は

こちらから登録しておいてください!
(Gmail、YahooなどのPCアドレスよりお申込みください※icloud、hotmailは届きませんのでご注意ください。)

↓↓↓
無料メルマガ

✅公式LINE✅

【LINE登録で初心者用無料テキスト&動画プレゼント🎁】

↓↓↓

QRコードからでも

↓↓↓

もしくは「@650cjkve」で友達ID検索してみてください。 (「@」を忘れずに!)

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました